糸谷流右玉序盤の注意点の1つ、角交換からの仕掛け

糸谷流右玉

糸谷流右玉の序盤の注意点は以下のエントリ(図2)で紹介しているが、振り飛車からの狙いのひとつ、角交換からの桂跳ねの対応について解説したい。

糸谷流右玉の駒組みと序盤の注意
対振り飛車の右玉として有名なのが、糸谷八段が奨励会時代に考案した「糸谷流右玉(いとだにりゅうみぎぎょく)」だ。 プロでは滅多に見かけないが、アマチュアでは人気の戦法として確立されている。 今回は対四間飛車の糸谷流右玉の序盤のくみ上げ方と...

テーマ図は以下の通り。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=14  △4五歩  まで

桂馬が効いている中の仕掛け。十分注意したい筋だ。

角交換から積極的に仕掛けてくる

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=16  △3三桂  まで

同歩、同銀に3三桂が振り飛車の狙い。
この局面は互角だが、なかなか難しく、積極的な応手じゃないと一気に潰されてしまう危険がある。

4四歩と突き出す手がおすすめ

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=17  ▲4四歩  まで

ここで4四歩と突き出すのが覚えておきたい手筋。振り飛車は同歩と取るが、そこで、5五角打。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v飛v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=19  ▲5五角  まで

振り飛車は4三飛と引くが、4四歩打、4二飛。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし

手数=22  △4二飛  まで

これで強襲はない。
しかし、糸谷流右玉にするのも難しいので、素直に6二玉から囲っていこう。

3二銀型だと右玉が潰れる

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・v飛v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=14  △4五歩  まで

振り飛車側が7二玉を保留し、3二銀を入れた局面だと仕掛けが成立してしまう。
後手番で糸谷流右玉を持ったときにとくにありがちな局面だ。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・v飛v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=20  △3三桂  まで

この局面では3三の桂馬に紐がついているので、4四歩からの対応ができない。
5五角打で難しい局面ではあるが、おすすめはしない。

3二銀には4六歩を保留

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・v飛v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ 銀 金 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=14  ▲3八金  まで

早めの3二銀を見たら、3八金などほかの手がおすすめ。
糸谷流右玉ではなく、6八金と普通と囲うのも一局だろう。

コメント

  1. K2 より:

    はじめまして。
    いつも楽しみに拝見しています。
    青嶋本をきっかけに右玉を始め、現在鋭意勉強中です。
    その青嶋五段が見事、右玉で新人戦トーナメントで一勝を上げましたねー。

    https://www.shogi.or.jp/match_news/2018/08/post_76.html

    ぜひ、詳しい棋譜解説など、よろしくお願いします!
    (どこに書き込めば良いのかわからなかったので、ここに書き込みました。質問、意見交換などできる掲示板などあると嬉しいですね)

    • ミギー ミギー より:

      K2様
      コメントありがとうございます!

      青嶋五段の右玉、ちょうどエントリを書き途中でした。
      棋譜の解析も終えているので、本日中にはアップできると思います。

      質問やご意見用のエントリも近々用意したいと思います。