7二金型右玉で早繰り銀側が銀交換を避けて3四歩と叩いてきた場合の対応(その1)

7二金型

今回はソフトが指した早繰り銀 vs 後手7二金型右玉の対局を紹介したい。
早繰り銀の指し手としては、▲2四歩から銀交換を目指す方法のほか、下図のように▲3四歩打としてくる場合がある。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=33  ▲3四歩打 まで

右玉はどのように対応するのがよいだろうか?

参考棋譜はこちら
40837748_0630_naonao_p_2319_xo_JKishi18gou_3227.kif

右玉、強く△4四銀!

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
|v歩v歩v歩v歩 ・v銀 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=34  △4四銀(33) まで

この局面では△4四銀という手が成立しそう。
ソフトも第一候補。

2四歩は大丈夫だろうか?

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
|v歩v歩v歩v歩 ・v銀 歩 歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=35  ▲2四歩(25) まで

この局面では▲2四歩という手が怖い。
△同歩は▲同銀で、これは先手成功。右玉失敗

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ 歩 歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=36  △3五銀(44) まで

というわけで、△3五銀!
この手で後手の右玉が優勢だ。

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・ とv歩|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=37  ▲2三歩成(24) まで

先手は当然ながら▲2三歩成。
ここで次の手が大事だ。

後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・ とv歩|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・v銀 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=38  △5五角打 まで

△5五角打が好手。

後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・ とv歩|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・v銀 飛 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=39  ▲2五飛(28) まで

最善手は▲2五飛。銀あたりになっている。

後手の持駒:銀 香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・ とv歩|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v銀 飛 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂v馬|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=40  △1九角成(55) まで

△1九角成で後手優勢だ。
ここで先手にはいろいろな手がある。

▲3二とには飛車先を止める

後手の持駒:香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ と ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ 歩v銀 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v銀 飛 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂v馬|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 歩 
手数=42  △2四銀打 まで

▲3二とには、△2四銀打。飛車を止めて良し。

▲3五飛はと金を払う

後手の持駒:銀 香 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・v金v歩|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂v馬|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩 
手数=42  △2三金(32) まで

▲3五飛と来たら△2三金でと金を払う。

▲3三歩成は同桂

後手の持駒:銀 香 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v桂 とv歩|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v銀 飛 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂v馬|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=42  △同 桂(21) まで

▲3三歩成は恐らく最善手。

後手の持駒:銀 香 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v桂 とv歩|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v銀 飛 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂v馬|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=42  △3三桂(21) まで

これは3三桂と取ろう。
ここで▲3二とは飛車が取れるので論外。
3三となら、△2四銀と打とう。

以上、3四歩打に対しては、4四銀と強く出ることで戦える。
次回4四銀に対して、同銀とした場合を紹介したい。

7二金型右玉で早繰り銀側が銀交換を避けて3四歩と叩いてきた場合の対応(その2)
前回に引き続き、ソフトが指した早繰り銀 vs 後手7二金型右玉の対局から、先手が3四歩打とした場合の対処方法を紹介したい。 テーマ図は以下の通り。ここから△4四銀と出るのが前回紹介した対策だが、ここで先手が▲同銀とするのは非常に有力だ。そ...