増田康宏六段、新人王戦決勝三番勝負第1局で相掛かり調の出だしから7二金型右玉に変化して快勝!

7二金型

増田康宏六段が新人王戦決勝という大舞台で右玉を採用してくれたので紹介したい。

増田六段は、新人王戦準決勝に続く右玉の採用。

【局面図あり】増田康宏六段、7二金型右玉を採用! 持久戦から中住まいに変化しリードを広げて快勝
※主催者のしんぶん赤旗様から一部局面図についての使用許可をいただきましたので再編集して公開します。詳細は最後にて。 2019年9月24日に行われた新人王戦で増田康宏六段が話題の7二金型右玉を採用してくれたので紹介したい。 増田六...

増田六段は過去2回新人王戦を制している。
対するのは、高野智史四段。木村一基王位の弟子で角換わりが得意だ。

棋譜は以下から無料で閲覧可能だ
2019年10月9日 第50期新人王戦決勝三番勝負 第1局 増田康宏六段 対 高野智史四段
※要Flash

局面図の使用許可は問い合わせ中。
新人王戦主催のしんぶん赤旗様は前回も許可を頂いたので、期待してます!

相掛かりから7二金型右玉へ

本局も前局同様、7二金型右玉に。
ただし、右玉になるまでの流れは大きく違い、序盤は相掛かりだった。

右玉が完成したのは42手目。対する先手は中住まい。ソフトの評価値はほぼ互角。

48手目、7七銀と上がっていないにもかかわらず、右玉が単騎△6五桂跳ねを敢行。先手は7七桂で合わせるが、ここで跳ね違いの桂捨て△5七桂成! が好手。次の△2四角打が間接王手飛車取りに。先手陣は飛車打ちに弱い形なので、桂損でも成立していたようだ。

以後、右玉側が着実にリードを広げるが、91手目の局面、先手が龍に3七銀と当てた局面はチャンスを逃したかも知れない。
ここでは龍取りを無視する、△4五金! という強手があった。
以下、2六銀と飛車を取る手に対しては△5七角打が猛烈に厳しく先手勝勢。

本譜の△5九角打も送りの手筋で好手だが、△4五金のほうが勝っていそう。

終盤は後手が自陣の安全度を見切って受けなしに追い込み、130手目を見て先手投了となった。

これで増田六段は新人王三番勝負の初戦を勝利。三度目の新人王に向けて好発進を切った。

右玉NOWは今後も増田六段を応援します!