糸谷流右玉の基本・9筋への角覗き

糸谷流右玉

対振り飛車用の右玉・糸谷流右玉を指す上で、最低限覚えておきたい筋を紹介していこう。まずは、9筋の角覗きだ。
なお、組み上がるまでの注意点は以下のエントリを参考にしてほしい。

糸谷流右玉の駒組みと序盤の注意
対振り飛車の右玉として有名なのが、糸谷八段が奨励会時代に考案した「糸谷流右玉(いとだにりゅうみぎぎょく)」だ。 プロでは滅多に見かけないが、アマチュアでは人気の戦法として確立されている。 今回は対四間飛車の糸谷流右玉の序盤のくみ上げ方と...

9筋の角覗き

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v桂v金v歩 ・v角v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| 角 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 金 ・ 玉 金 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=37  ▲9七角  まで

9筋への角を覗くのが糸谷流の基本筋。注意点は、飛車を必ず下段に落としてから実行すること。飛車が下段にないと、9五歩の筋を防げない。
下段にあれば、9五歩は怖くない。

後手の持駒:香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v桂v金v歩 ・v角v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ 角 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 金 ・ 玉 金 ・ ・|八
|v杏 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=42  △9九杏  まで

同歩、同香、8六香、9九香成を同飛と取れることがポイント。

8六香打への対策

8六香打と攻めてきた場合はどうするか。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v桂v金v歩 ・v角v歩 ・|三
| ・v香v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ 角 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 金 ・ 玉 金 ・ ・|八
| 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩 
手数=44  △8四香  まで

この場合は、角を逃げてはいけない。角は見捨てて、9八香と設置して攻めれば、右玉有利だ。

9八歩の叩きは田楽刺しをあえて受ける

少し戻り、ちょっと捻って、角が逃げた時点で9九香成ではなく、9八歩打として場合はどうか。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v桂v金v歩 ・v角v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ 角 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
|v歩 ・ ・ 金 ・ 玉 金 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=42  △9八歩  まで

9五角、9九歩成、同飛に、9一香打。

後手の持駒:なし
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v桂v金v歩 ・v角v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| 角 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 金 ・ 玉 金 ・ ・|八
| 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩二 
手数=46  △9一香  まで

角取りは避けられないが、9四歩、同香、7三角成、同銀、9四飛で2枚換えとなり、右玉優勢だ。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉 ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v銀v金v歩 ・v角v歩 ・|三
| 飛 ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 金 ・ 玉 金 ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 香二 歩 
後手番
手数=51  ▲9四飛  まで

というわけで、振り飛車側は9五歩は突けない。

銀冠への対策

8四歩などで銀冠を目指してきたら、どうするか。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v角v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| 角 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 金 ・ 玉 金 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=39  ▲7五歩  まで

7五歩から歩交換して、歩を取りに行くのが手筋。
7四歩打とした局面を見てみたい。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v角v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ 角 ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 金 ・ 玉 金 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=42  ▲7四歩  まで

8三の歩をかすめ取る手と9七角と引く手がある。
8三にいくと角が捕まりそうだが……。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉 ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・v銀v桂v金v歩 ・v角v歩 ・|三
|v歩 角v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 金 ・ 玉 金 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=44  △8三銀  まで

8三銀に8三角成、同金が意外にも互角。相手が歩切れなことがポイント。
右玉側は8筋の歩を伸ばしていく。この局面の研究の価値はあるかもしれない。
(実戦では7五角の時点で、8三銀と歩を守ってくるケースが多いが)

コメント

  1. ケムマキ君 より:

    こんにちは〜はじめまして。

    局面図が ありませんので、何が何だか わかりません(^_^;)

    • ミギー ミギー より:

      ケムマキ君

      Javascript対応のブラウザで見ていただければ、図面が表示されると思います。