3八金型の棒銀と右玉の戦い

対棒銀

棒銀に対する右玉の対抗策としては、以下のエントリーで紹介した。

棒銀に対する歩を垂らす対策
右玉に対する棒銀はよくある対抗手段。歩の垂らしから積極的に対応する方法を紹介しよう!

対して、棒銀側が3八金と備えてきた場合はどうすればよいか。

先手、3八金型で棒銀を仕掛ける

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v玉 ・ ・v桂 ・|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 香|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 ・ ・ 金 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 香 歩 
後手番
手数=29  ▲1五香  まで

この場合は、1六歩と垂らすのではなく、右玉に囲うことを優先したい。

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・v飛 ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 香|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 ・ ・ 金 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 香 歩 
手数=30  △6二玉  まで

1筋は突破されるが、ソフト的な評価は400程度右玉優勢。1二香成に対しては、8一飛と自然に受けることができる。

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・v飛 ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩 歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 香|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 ・ ・ 金 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 香 
後手番
手数=31  ▲1三歩  まで

先手は、1三歩打と、と金を作りに来るのが最善手。ここは落ち着いて、1一歩打と受けよう。

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ 杏|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 ・ ・ 金 ・ 飛|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 香 歩 
後手番
手数=37  ▲1八飛  まで

棒銀側の攻めとしては、飛車を9筋に転回する手が気になるところ。一見すると受けにくい。
が、この局面では好手がある。

後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ 杏|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 ・ ・ 金 ・ 飛|八
| 香 桂 ・ ・ ・v角 ・ 桂 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 香 歩 
手数=38  △4九角  まで

4九角打!
この角打ちが非常に受けづらい。
3九金と引くのは、2七角成。
2八飛は、難解な手だが、1七歩打!が好手。

後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ 杏|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・v歩|七
| ・ ・ 金 玉 ・ ・ 金 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・v角 ・ 桂 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 香 歩 
手数=40  △1七歩  まで

同桂と取らすことで、飛車の1筋の転回をやりにくくする一手。
その後の展開は、4四銀に対して、5九玉と角を取りに来たところで、3八角成、同飛。
以降、3三桂から力をためて指していけばよい。

以上、まとめとしては、7八金型には、堂々と右玉に組んでいければ悪くならない。
そして、6九角打のチャンスを常に伺っていこう。

タイトルとURLをコピーしました