糸谷流右玉に対する四間飛車の早めの6五歩対策

糸谷流右玉

糸谷流右玉に対し、四間飛車側が早めに6五歩と突いて開戦してくる場合がある。
その場合の指し方は考えて置かなければならない。
今回は後手糸谷流右玉で検討していこう。

糸谷流右玉以前の仕掛け

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=9  ▲6五歩  まで

アマチュアレベルでもあまり見かけないが、糸谷流右玉を見せる前の6五歩突き。
これは、7七角成でよい。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=12  △8六歩  まで

7七角成、同歩、8六歩。
これで、後手有利。
このあとは、同歩、同飛、8八歩打、4二玉として、後手指しやすい。

7三桂としたあとの6五歩

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v桂v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=13  ▲6五歩  まで

7三桂と糸谷流右玉を志向したあとの6五歩の早めの仕掛け。こちらは実戦でもよく見かける。
こちらも7七角成がよい。

(先後逆のパターンは以下のエントリでも軽く触れている)

糸谷流右玉の駒組みと序盤の注意
対振り飛車の右玉として有名なのが、糸谷八段が奨励会時代に考案した「糸谷流右玉(いとだにりゅうみぎぎょく)」だ。 プロでは滅多に見かけないが、アマチュアでは人気の戦法として確立されている。 今回は対四間飛車の糸谷流右玉の序盤のくみ上げ方と...
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・v玉 ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=16  △4二玉  まで

7七角成、同桂に、4二玉で互角。
ここは後手の手が広いところ。
ゆっくり囲ってくる場合もあるが、6四歩、5五角打などで積極的に来た場合の対応を考えておきたい。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・v玉 ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=17  ▲6四歩  まで

まずは、6四歩と仕掛けてきた場合。
同歩、同飛までは必然で、ここで5五角打がおすすめ。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・v玉 ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 飛 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=20  △5五角  まで

振り飛車側の最善手は7四飛。
6七飛は6六歩打、8六歩で右玉有利。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・v玉 ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
後手番
手数=21  ▲7四飛  まで

この局面が超重要で、7七角成でも悪くはないが、6三歩打から激戦になる。

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・v玉 ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂 歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩v馬 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=23  ▲6三歩  まで

同銀に7三飛成とした手が、飛車取り。

後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・|二
|v歩 ・ 龍v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩v馬 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 桂 歩 
後手番
手数=25  ▲7三龍  まで

この局面では、6二飛が盤上この一手で、そのほかの手だと一気に劣勢になってしまう。
ソフト的にもわずかながら右玉がよいので、この先を研究するならば、この変化に飛び込むのはアリだろう。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・v玉 ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
手数=22  △8六歩  まで

というわけで、7七角成は自重し、8六歩とするのが個人的におすすめ。
ここで6三歩打は同銀でも7三の桂馬が角によって守られている。
よって同歩とするしかないが、同飛で右玉側が悪くない。

この先は、6三歩打、同銀、9五角打、8四歩打などが進行の一例。
振り飛車側の手段も多く、研究課題にしたい局面でもある。

タイトルとURLをコピーしました