順位戦B級2組 野月浩貴八段 – 佐々木勇気七段戦は相右玉に!

プロの右玉

2020年7月8日に行われた順位戦B級2組の野月浩貴八段 – 佐々木勇気七段戦が相右玉になったので簡単に紹介したい。

先手の野月浩貴八段は居飛車党。サッカーファンとしても有名。第三回AbemaTVトーナメントでは木村一基王位、行方尚史八段の同級生トリオで参戦した。

後手の佐々木勇気七段も居飛車党の棋士。16歳でプロ入りした天才棋士で、藤井聡太七段の連勝記録を止めたことでも有名だ。

棋譜は名人戦棋譜速報(有料)からどうぞ。

もしくは以下
2020-07-08 順位戦野月浩貴 八段 vs. 佐々木勇気 七段 第79期順位戦B級2組2回戦

順位戦の棋譜・局面図紹介はガイドライン作成中ということですので、簡単な解説にとどめておきます。各棋戦の棋譜利用の現在についてはnoteの記事を参考にしてください。

相掛かりの出だしから右玉へ

序盤は相掛かりの出だし。後手は棒銀模様で攻め、先手玉は右へ。セカステ右玉の金銀を入れ替えたような変わった形となった。
対する後手も玉を右に移動。こちらは右玉の理想形に近く、後手の作戦勝ちと言えるだろう。

見えにくい11手詰めが発生

終盤はお互いに派手な手の応酬のすえ、137手目の局面で先手玉に11手詰めが発生した。
しかし、非常に見えにくい。1分将棋の上、ほかにも後手勝ち筋はあるので見逃しは仕方がないところだろう。
以下図は詰みに関連のある駒を中心にピックアップした局面(本譜とは異なります)。腕に自信があれば詰み筋を読んでみてほしい。

後手の持駒:桂 香三 歩九 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ 馬 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 龍 ・v歩|二
| ・ ・ ・v銀 ・ ・v飛v歩 ・|三
| ・v歩v銀v歩v玉v金 ・ ・ 歩|四
| ・ 歩 ・v桂 桂 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 金 金 ・v歩 歩 玉 ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v馬 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀二 

正解例はこちら

本譜は△5八龍から寄せて後手の佐々木勇気七段の勝利となった。

以上、プロ棋戦では貴重な相右玉の紹介でした。
右玉NOWは今後も野月浩貴八段と佐々木勇気七段を応援します!

タイトルとURLをコピーしました