floodgate2020年前半の棋譜から右玉の棋譜だけを抽出する

ソフトの右玉

以前、floodgateの2019年棋譜から右玉の棋譜を抽出するというエントリを紹介した。

floodgate2019年全棋譜から右玉の棋譜だけを抽出する
floodgateの2019年全棋譜をダウンロードする Twitterで西尾明七段がこんなつぶやきをしていた。 遅ればせながら、2019年のfloodgate全棋譜をダウンロードしてDB化。時間ができたら分析しよう。&mdash...

あれから半年。今回は2020年前半にfloodgateで指された右玉の棋譜を抽出したい。
対象となるのは7万4,741局(7月11日まで)。2019年は年間で10万6,411局だったので対局ペースは早めか。

気になる右玉の対局数は……2,763局!
詳しい内容は以下の通り。

先手右玉勝ち47512782763
負け721
引き分け82
後手右玉勝ち6771485
負け706
引き分け102

相右玉は二重にカウントしているし、見逃しもあるかもしれないが、昨年(2,398/106,411)よりも若干右玉の割合は増えている。
先手の勝率が低めなのは気になるが、後手番は5割に近いのでかなり優秀と言える。
何よりもソフトがたくさんの右玉を採用しているということが、右玉党にとって嬉しいことだと思う。

今後は膨大な棋譜の中からユニークな対局を発掘していきたい。右玉の新しい手筋でも見つかれば最高だ。

抽出した棋譜データ(S-JISに変換済み)は以下にアップしてあるので、必要な方はどうぞ。

floodgate2020_1_migigyoku.zip(4.28MB)

というわけで、右玉NOWは今後もfloodgateを応援します!

タイトルとURLをコピーしました