叡王戦予選で中村太一七段が右玉! 最終盤にドラマが……

プロの右玉

2020年11月5日に行われた叡王戦予選にて、後手番の中村太地七段が右玉を採用してくれたので紹介したい。

中村太地七段はタイトル戦登場4期、獲得1期の一流棋士。居飛車党だが、右玉の採用は珍しいかもしれない。テレビ出演も多いこともあり知名度は高く、最近はYouTubeでも活動中。

棋士中村太地将棋はじめch

対する先手は横山泰明七段。タイトル獲得こそないが、順位戦はB級2組の実力者。こちらも居飛車党である。

棋譜はスマホアプリ「日本将棋連盟モバイル」で観戦できるのでそちらでどうぞ。

Abemaの視聴はこちらから可能
第6期叡王戦予選中川八段-野月八段 /戸辺七段-近藤誠七段/横山七段-中村太七段
※8:43:40頃から。解説なし、視聴期限があるかも。
ABEMAプレミアムならコメント付きで視聴可能です。

※「棋譜利用に関するお願い」に基づいて、局面図の利用許諾を申請中です。右玉NOWの申請状況はこちらで確認できます。

後手、角交換なし雁木右玉へ

序盤、先手が角交換を拒否。先手は雁木模様、後手は雁木右玉へ。
後手は1筋から地下鉄飛車で攻め体勢を見せ、1~3筋を支配して有利な状態へ。
後手優勢に進むが、先手も決め手を与えず、徐々に形勢は互角近くになっていく。

先手の好手▲7三香

106手目△3五角は角を逃げつつ急所に位置する手だが、この手は緩手だったようだ。
続く▲7三香が好手だった。この手は詰めろ。
すでに一分将棋に入っており、後手は△1九飛
▲9二桂成からの詰みがあり、正確に寄せた先手の逆転勝ちとなった。
(△1九飛がトン死ぽい感じだったが、敗着は△3五角と思われる)

というわけで、優勢に進めつつも恐るべき逆転を食らうという、ある意味では右玉っぽい負け方となってしまった。しかし、優位に立つまでの指し回しは見事。
中村太地七段の右玉を今後も期待したい。

右玉NOWは今後も中村太地七段を応援します!

タイトルとURLをコピーしました