棋王戦第2局、渡辺明棋王の端攻めから糸谷八段の右玉衝撃の敗戦(局面図なし簡易紹介、公式棋譜リンクあり)

プロの右玉

2021年2月20日に行われた棋王戦第2局で先手の糸谷哲郎八段が右玉を採用してくれたので紹介したい。

糸谷哲郎八段は竜王位の経験がある関西の強豪棋士。角換わりを得意として、右玉の採用も非常に多い。

対する後手は渡辺明棋王。名人・王将も保持する三冠。

棋王戦は第一局も右玉となり、本局も右玉という右玉シリーズとなった。

棋王戦初戦、糸谷哲郎八段が雁木からの右玉で勝利!(局面図なし簡易紹介、公式棋譜リンクあり)
2021年2月6日に行われた棋王戦五番勝負の初戦、挑戦者の糸谷哲郎八段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 糸谷哲郎八段は関西所属の中堅棋士。タイトルは竜王1期で、挑戦は2016年の王座戦以来。ネットの将棋番組によく登場する人気棋士...

本譜の棋譜は公式サイトからどうぞ
2021年2月20日 第46期棋王戦五番勝負 第2局 渡辺明棋王 対 糸谷哲郎八段
AbemaTVの中継はこちら
第46期 棋王戦 五番勝負 第二局 渡辺明棋王 対 糸谷哲郎八段
ABEMAプレミアムならコメント付きで視聴可能です。

スマホアプリ「日本将棋連盟モバイル」からも観戦可能です。

※棋王戦は恐らく棋譜利用の許可が降りないので、以下簡易紹介です

手損なしの角換わりから後手早繰り銀

本譜は手損なしの角換わりから後手早繰り銀。先手は端の位を取ってから右玉へ。
よくある展開に見えたが……。

角銀歩2枚からの端攻め炸裂

後手は△1四歩からの端攻め! 先手の端突き越しを逆手に取った逆襲。
渡辺棋王曰く「持ち駒が角銀歩歩の条件になれば、1筋を逆襲できることは知っていました」
ソフトの最善手も△1四歩。
というわけで、右玉党はこの局面にはしていけない。対策が必要だ。

以下、糸谷八段も勝負手で粘るが、渡辺明棋王の指し回しは正確。
徐々にリードが開いて右玉側の完敗となってしまった。

以上、今回は負けとなってしまったが、糸谷八段には今後も右玉を期待したい。
右玉NOWは今後も糸谷哲郎を応援します!

タイトルとURLをコピーしました