第4回ABEMAトーナメントで高野智史五段が右玉を連採! 右玉の優秀さを証明

プロの右玉

2021年4月17日に放映された第4回ABEMAトーナメントで、チーム三浦の高野智史五段が2回右玉を採用してくれたので紹介したい。

第4回ABEMAトーナメントは、AbemaTVが主催する超早指しの団体戦の非公式戦。3名一組のチーム戦で行われる。

4月17日の放送は優勝候補のチーム藤井とチーム三浦の対戦。高野智史五段は第3局と第6局に登場。
第3戦は伊藤匠四段相手に先手番、第6戦も同じく伊藤四段相手に後手番となった。

高野智史五段は角換わりを得意とする若手棋士で、順位戦で右玉を採用したこともある。

幻の妙手があった角換わり右玉の一局を紹介(2018年の順位戦より)
今回は2018年の順位戦C級2組、村田智弘六段 vs 高野智史四段の一局を取り上げたい。 この対局では角換わりから後手の高野四段が右玉に構え、右玉ならではの指し回しで序盤を優位に進める。 端攻めへの対応や王手金取りを事前に防ぐ手など...

公式の中継は以下のアドレスですが、ABEMAプレミアムでしか視聴できないっぽいです。
第4回ABEMAトーナメント 予選Aリーグ 第二試合<チーム藤井VSチーム三浦>

代わりにYouTubeに棋譜並べ動画がアップされているので、そちらをどうぞ

【公式:将棋✕AI】角換わりで高野五段が伊藤四段に勝利!自陣角打ちが最後まで光る[予選A-2第3局]│第4回ABEMAトーナメント

【公式:将棋✕AI】伊藤匠四段が決めた!一手で大逆転の瞬間!相掛かり[予選A-2第6局]│第4回ABEMAトーナメント

将棋連盟主催の棋戦ではないため、一部局面図のみ掲載させていただきます。AbemaTV関係者の方、問題ありましたらご連絡お願いします。

第3局先手右玉

先手、一度左にいった玉を右へ

第3局は角換わりの将棋から後手が早繰り銀。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・v歩v歩v歩v銀v歩v歩|三
|v歩 ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・v銀 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 ・ 銀 金 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=29  ▲5六歩(57) まで

△5五銀というやや挑発的な手に対して、▲5六歩。△同銀はさすがに銀が危険になるので取り切れず。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v金v金v玉 ・|二
| ・ ・ ・v歩v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=43  ▲3八玉(49) まで

先手は一度は左に行った玉を右に移動させて右玉へ。

先手から仕掛ける

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金v玉 ・|二
| ・ ・v桂v歩 ・v金v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ ・ 銀 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=55  ▲4五歩(46) まで

先手は右玉の理想形にして、▲4五桂から仕掛け。十分に成立している。

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金v玉 ・|二
| ・ ・v桂v歩 ・v金 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀v桂v銀v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ ・ 銀 銀 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=70  △5四桂打 まで

少し進んだ局面。ここで▲4一角という手があるようだ。△6二飛で受かるが、すぐに取られる心配はない。本譜は▲4一角ではなく▲3七金。その後、後手は△4二金としたので、▲4一角の筋を警戒したのかもしれない。

角の睨みが最後まで生きて快勝

後手の持駒:銀 桂二 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v金 ・v玉 ・|二
| ・ ・ ・v歩 ・v金 ・v歩 ・|三
|v歩 ・ ・v角 歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩v歩v桂 ・v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ 銀 金 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 銀 玉 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩 
後手番
手数=87  ▲8八角打 まで

87手目▲8八角の王手。簡単に受かるが、後手玉はこのラインから抜け出せず、最後まで生きることになる。

後手の持駒:角 銀 桂二 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・v金v玉v歩 ・|三
|v歩 ・ ・v歩 ・v桂v歩 ・v歩|四
| ・v歩v歩 ・ 銀 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ ・v圭 銀 金 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩二 
手数=110  △7一銀(62) まで

110手目の局面では、21手詰みが発生。高野が寄せ切って勝利となった。

第6局後手右玉

相掛かりの出だしから後手右玉へ

第6局は同じ対局相手で、先後が逆となった。序盤は相掛かり調で、後手は右玉へ。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v歩v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|六
| ・ 歩 歩 歩 歩 歩 桂 銀 歩|七
| ・ 角 金 ・ 玉 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=32  △6二玉(51) まで

ソフトの読み筋も右玉。この形は右玉が有効ということだろう。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・v歩|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 銀 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 金 銀 玉 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=40  △3四歩(33) まで

後手から角交換を要求。危険にも見えるが、ソフトもよく使う手で悪くないことが多い。

後手、△5四角を放つ

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v角v歩 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ 銀 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 銀 玉 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
手数=46  △5四角打 まで

46手目、後手は△5四角。対右玉によく出る手だが、右玉側からも有効な手だ。
不安定な銀を狙っている。
この後、この角が狙われることになるが、役目は果たすことになる。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・v銀 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v金v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩v角 銀 桂 ・|五
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩v歩 ・ 歩|六
| ・ ・ 金 ・ 銀 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩三 
手数=64  △3四金(43) まで

角は死んだが、△3四金が好手。角銀交換ながら後手有利の状況となった。

後手、痛恨の大逆転を食らう

後手の持駒:銀 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ 角v銀 ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v銀v歩v金v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・v歩 ・|五
| 歩 歩v歩 歩v金 銀v歩 ・ 歩|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 玉 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 歩三 
後手番
手数=87  ▲7八金(77) まで

終盤の局面。▲5四歩があって忙しい局面だが、△4六金と銀を取れば、後手勝勢だったようだ。
しかし、△7五桂としてしまい大逆転。超短時間の勝負だけに仕方がないところだろう。
結果、後手負けになってしまったが、終盤まで優勢で高野五段の右玉は素晴らしかった。

というわけで、右玉NOWは今後も高野智史五段を応援します!

タイトルとURLをコピーしました