佐藤康光九段の変則的な角換わり右玉

プロの右玉

2018年9月21日のA級順位戦 豊島将之棋聖 vs 佐藤康光九段の一局で、佐藤九段が右玉を採用した。
最近は、プロ棋戦での右玉採用が多くて喜ばしい限り。それも、今回はA級順位戦という大舞台である。

佐藤九段と言えば、独創的な序盤が魅力。それは右玉でも変わらない。現在は将棋連盟の会長としても活躍中。
一方の豊島棋聖は、序盤、中盤、終盤、隙がないことでおなじみ。若い頃から超強豪として活躍し、タイトルが取れないことが将棋界の10大ミステリーの1つだったが、ついに棋聖位を獲得。これから豊島時代が到来してもおかしくない。

棋譜は以下からどうぞ

2018-09-21 順位戦豊島将之 棋聖 vs. 佐藤康光 九段 第77期順位戦A級3回戦

阪田流向かい飛車風の出だし

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v金v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=8  △3三金  まで

序盤、先手の角交換を3三金と取る。阪田流向かい飛車風の出だしだ。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v金v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v角v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=10  △4四角  まで

6八玉に対して、追撃の4四角打。
このあたりは佐藤九段の研究手だろうか?

手数=14  △8五歩  まで
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v金v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v角v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 金 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 ・ ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし

佐藤九段は8筋を伸ばす。つまり居飛車。
序盤から独創的な構想だ。

佐藤九段、右玉へ

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・ ・v銀v歩 ・v金v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=28  △6二玉  まで

少し手が進み、佐藤九段は右玉を選択。3三金型は非常に珍しい。
後手は6二玉型で駒組みを進めていく。

右玉の難敵、5六角打

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金v銀v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 角 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=41  ▲5六角  まで

豊島棋聖は、3四歩が浮いている瞬間を狙って5六角打!
この角打ちは右玉にとって難敵。
ソフトの評価は互角だが、先手有利にやや近い。

右玉NOWでは近い形を研究しているので参考にしてほしい(右玉側が先手)。

角交換風車右玉と5四角打の戦い
角交換型6七銀型の右玉(風車右玉)に対し、矢倉側が5四角打と打ってくることがある。 3筋、7筋の桂頭を狙う手で、初見では受けづらく、対応を間違えると、すぐに潰されてしまうだろう。 実際、5四角打ちがソフトの推奨手になることも多い。 ...
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 歩 角 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=43  ▲7五歩  まで

後手4三銀に対して、先手は7五歩。この桂頭狙いが受けにくい。
手筋としては、6五歩と一瞬角筋を止め、7四歩、同銀、7五歩打、6三銀、6五歩、5一玉、6四歩、同銀、7四歩、6五桂、7六銀、9五角打などが進行の一例。

しかし、佐藤九段は堂々と同歩と取った。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 歩v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 歩 角 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=45  △7四歩  まで

当然ながら、先手は7四歩。桂損でも相手が歩切れになるため戦えるということだろうか?
ソフトの評価は先手有利に。

先手の悪手で後手盛り返す?

その後は先手が堅実な指し回しでリードをするが、次の局面。

後手の持駒:香 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| と ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| 龍 ・ ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・v歩v角v銀v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩v銀 ・ ・ ・v桂 ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩v歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ ・ ・v全 ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 歩六 
後手番
手数=125  ▲9二龍  まで

9二龍と入ったところだが、この手は悪手。ソフト評価値は先手優勢から、互角の局面に。

後手の持駒:香 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| と ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| 龍 ・ ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・v歩v角v銀v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩v銀 ・ ・ ・v桂 ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ ・vとv全 ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 歩六 
手数=126  ▲4八と  まで

佐藤九段は4八歩成を選択。
しかし、ここは3七全で、桂馬を外したほうが良かったか。
3八角と銀を取られてしまう。

豊島棋聖、長手数の詰みを読み切る

その後は、再び先手に形勢が揺れて次の局面。

後手の持駒:金 桂 香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| と ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| 龍 ・ ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・ 馬 ・v歩 ・ ・v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v銀v歩 ・ ・|四
| ・v歩v銀 ・ ・ ・v桂 ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 ・ 歩 ・v馬 ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 玉 ・vと ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 銀 歩五 
手数=134  △3七馬  まで

6一馬と入っても勝ちだが、実は詰みがある。読みきれるだろうか?

後手の持駒:金 桂 香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| と ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・v香|一
| 龍 ・ ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・ 馬 ・v歩 ・ ・v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v銀v歩 ・ ・|四
| ・v歩v銀 ・ ・ ・v桂 ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 ・ 歩 ・v馬 ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 玉 ・vと ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 歩五 
後手番
手数=135 ▲5一銀  まで

正解は5一銀打!
そして、豊島棋聖も読み切ってこの順に踏み込んだ。さすがは隙がない。

同玉、7一飛打、4二玉、5二龍(4三歩打のほうが早かったが)、同玉、6一馬、4二玉、4三歩打にて先手投了。

詰みまで見たい場合は、こちらをどうぞ。

以上、不発に終わってしまったが、佐藤九段の右玉も面白い構想だった。また、ぜひ採用してほしいところだ。
佐藤康光九段といえば、一手損角代わりの本も名著なので参考にどうぞ。

コメント