阿部健治郎七段が珍しい先手セカステ右玉を採用!

セカステ右玉

2019年6月11日に行われた王将戦一次予選 阿部健治郎七段 vs 西尾明七段戦で、先手の阿部七段が右玉を採用してくれた。

阿部健治郎七段といえば、序盤研究家として有名で、三浦九段との共著もある。
1月の竜王戦では、羽生九段に対して後手右玉で挑んでいる。

竜王戦予選で阿部健治郎七段が羽生九段相手に右玉!
竜王戦予選1組、羽生善治九段 vs 阿部健治郎七段にて、阿部七段が右玉を採用してくれた。 阿部七段は若手強豪の居飛車党。三浦九段との共著もある。 一方の羽生九段は言わずとしれたレジェンド。竜王の称号は取り返したいところで、ここは負け...

対する西尾明七段は、最近はギタリストとしても有名だが、コンピュータ将棋についても詳しい強豪だ。

というわけで、棋譜は以下からどうぞ。

2019年6月11日王将戦一次予選 阿部健治郎 – 西尾明七段

先手、右玉からセカステ右玉に変化

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=31  ▲4八玉  まで

先手の作戦は右玉。先手でストレートで右玉にすることはプロ棋戦では珍しい。
1筋を突き越せたことが大きな要因だろう。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金 ・v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 ・ 銀 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=35  ▲4七金  まで

さらに、5六銀、4七金を入れてセカステ右玉へ。

最先端で蘇るセカステ右玉
最近、プロ棋士や強豪ソフトが右玉を採用するケースが多いが、中でも際立っているのは角換わり腰掛け銀から変化する「セカステ右玉」の形だ。 そこで、今回はセカステ右玉の話をしていきたい。 名人戦でセカステ右玉が登場! 先日行...

いわゆる流行のセカステ右玉ではなく、昔からあるセカステ右玉といえるかもしれない。

後手は手待ちし、先手強引に仕掛ける

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 ・ 銀 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=36  △5二玉  まで

後手は中住まいに。ここから5二と4二の位置を変える手待ち模様に。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金 ・v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 銀 金 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=41  ▲4六金  まで

先手は4筋の位を取り、金を進めていく積極的な構想。玉はスカスカだが、広さを生かす感じか。この時点でのソフト評価値は互角。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 銀 金 ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=43  ▲3五歩  まで

手待ちを続ける後手に先手は3五歩という積極的な仕掛け。
しかし、結果的にはこの手には無理があったか。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v角v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ 歩 金 ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 銀 ・ ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=46  △5三角  まで

先手は5三角と積極的に攻め駒を攻めてくる。

右玉、粘る

後手の持駒:金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 銀 玉 ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・v銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角二 歩 
手数=62  △3八銀  まで

局面は進み、先手は角切りから右玉を薄くしたところ。右玉だけ終盤のような形で苦しいが、ここから手順を駆使して粘る。

後手の持駒:金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・v歩 歩 ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 銀 玉 ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・v銀 ・ ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角二 歩 
手数=64  △5五歩  まで

後手は5五歩。筋の一手だ。

後手の持駒:金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 玉 ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・v銀 ・ ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角二 歩二 
後手番
手数=65  ▲5五銀  まで

先手は堂々と同銀!
5四歩打があるが……。

後手の持駒:金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 玉 ・ 歩 角|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・v銀 ・ ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
後手番
手数=67  ▲1六角  まで

先手は1六角の攻防手で粘る。

後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・v歩 歩 ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ 玉 歩 角|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩v金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・v銀 ・ ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ 歩 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=71  ▲3九歩  まで

4七金打、4六玉、5五歩で、3九歩打。
積極的に攻め駒を攻めて切らすのが狙いだが、次の後手の手も好手。

後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・v歩 歩 ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ 玉 歩 角|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩v金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・v銀 ・ ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ 歩 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=72  △1四歩  まで

1四歩!
角を攻める手。ここで、角を見捨てれば3八歩、1五歩、4七玉、1六歩(下変化図)とすれば、金銀を外してすっきりするが、7筋の壁形も響いて、後手優勢(評価値は後手に1400ほど)となる。。

変化図

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・v歩 歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ 歩v歩|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 玉 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 銀 歩 
手数=76  △1六歩  まで

先手はこの変化を選ばず、4四歩、2七銀打、同角、同銀、同玉、3三桂と進行する。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 歩 ・ ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ 銀 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩v金 桂 玉 ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ 歩 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩 
後手番
手数=79  ▲3六銀  まで

先手は3六銀と打って粘る。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 歩 ・ ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・v歩 ・ 銀 ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 ・v金 銀 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 玉 ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ 歩 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=81  ▲3五銀  まで

4六金に3五銀。手順に守備駒を増やす。しかし、ここから後手も攻めも正確だった。

送りの手筋を駆使して先手を追い込む

後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 歩 ・ ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・v歩 ・ 銀 ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ 玉 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・v角 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ 歩 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 歩 
手数=84  △5八角  まで

3五銀に対して、3六金、同銀、5八角打。
この角打ちが厳しかった。4七で受けても、2七銀打から送られて馬を作られてしまう。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 歩 ・ ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・v歩 ・ 銀 ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ 角 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩v馬 桂 玉 ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・v金 ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ 歩 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
手数=90  △2八金  まで

3六角打で粘るも、2八金打。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 歩 ・ ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・v歩 ・ 銀 ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 金v馬 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 玉 ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ 歩 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
後手番
手数=93  ▲4六金  まで

同玉、3六馬に対して、4六金打! 先手に粘りも素晴らしい。
同馬、同銀で、危機を脱した。
が、後手玉も無傷なので、形勢は後手勝勢。

後手の持駒:金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・ ・v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 銀 ・ ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 銀v角 歩v歩|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 玉 ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ 歩 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩四 
手数=104  3六角  まで

この銀を繰り出して攻め味を見せるも、3六角打が決め手で先手投了。
残念ながら、先手セカステ右玉の工夫は生きなかった。

結果的には、受け一方の苦しい展開となったが、金を繰り出す新しい構想、終盤の粘りなど右玉党に参考になる手も多かった。
先手では厳しいかもしれないが、後手なら十分アリな構想だろう。

というわけで、右玉NOWは今後も阿部健治郎七段を応援します!