稲葉陽八段、角交換なし右玉を採用! 決断の馬切りから勝利を手繰り寄せる

プロの右玉

2019年9月20日に行われた棋王戦挑戦者決定トーナメントで、後手の稲葉陽八段が右玉を採用してくれたので紹介したい。

稲葉陽八段といえば、名人挑戦経験もあるA級棋士。
話題の7二金型右玉を指したこともあり、羽生九段との対局では相右玉も経験している
対するのは高見元叡王。タイトル経験のある若手強豪だ。

本局は高見七段の矢倉に対し、稲葉八段は手損をせず一直線で右玉へ。
中盤に思い切った馬切りからペースを掴み、難解な終盤を制して勝利を上げた。
角交換なしの右玉が好きな人はとくに見てほしい名局と言えよう。

※棋譜と局面図の紹介については、先日将棋連盟が「棋譜利用に関するお願い」として、声明を出されたので保留中。現在、専用フォームで問い合わせ中です。
許可を得たら解説記事を公開致します。

棋譜は将棋連盟ライブ中継アプリからどうぞ。
将棋連盟ライブ中継アプリ

将棋DB2の棋譜はこちら
2019-09-20 棋王戦高見泰地 七段 vs. 稲葉 陽 八段 第45期棋王戦挑戦者決定トーナメント

AbemaTVの動画はこちら
[情報LIVE]第45期棋王戦 挑戦者決定トーナメント 稲葉陽八段対高見泰地七段

右玉NOWは今後も稲葉八段を応援します!