増田康宏六段、新人王決勝戦で本棋戦三度目の右玉!

プロの右玉

2019年10月28日に行われた新人王戦決勝三番勝負の第3局で、増田康宏六段が先手右玉を採用してくれたので紹介したい。

増田六段はこの新人王戦準決勝決勝三番勝負第1局に引き続き、三度目となる右玉。
(非公開の棋譜でもっとあるかもだけど)
しかも、本局は先手右玉だ。

対するのは高野智史四段。初戦は増田六段の右玉に敗れたものの、第2局は勝利となった。

棋譜は新人王戦中継サイトからどうぞ。

TOP|新人王戦中継サイト – 日本将棋連盟
※要Flash

棋譜利用に関するお願い」に基づいて、局面図の利用許諾を申請中です

本局は先手が角換わりを拒否し、腰掛銀から右玉へ。プロの対局では少しだけ珍しい。
後手が飛車先の歩を切ってきた瞬間に先手は反撃。

61手目に▲5五同角と出た瞬間は先手指しやすそうな雰囲気だったが、△2二歩打で攻めを継続できず。
この瞬間、▲7二銀打で飛車を目標にする手があったかもしれない。

そして、67手目の▲3五歩がソフトによると緩手だったようだ。
以降は後手に手厚く攻められて右玉の負けパターンに。76手目△3六歩打の垂らしは右玉からすると嫌な手だ。

右玉は攻め合いを目指すも、後手有利は変わらず先手投了。

増田六段の三度目の新人王制覇はなくなり、高野四段の初優勝となった。
しかし、右玉NOWは今後も増田六段を応援します!