阿部隆八段、セカステ右玉で藤井聡太七段の角換わりに対抗!

セカステ右玉

2019年11月8日に行われたヒューリック杯棋聖戦で、後手の阿部隆八段がセカステ右玉を採用してくれたので紹介したい。

阿部隆八段といえば、順位戦A級や竜王挑戦の経験もある強豪。居飛車党で、居飛車の作戦ならば何でも指しこなす。

対するのは、藤井聡太七段。ご存知、将棋ブームを牽引する若きスーパースター。こちらは完全なる居飛車党で、角換わりを得意にしている。

本譜は角換わりから、後手が手待ち模様からセカステ右玉に変化した。

棋譜は、スマホアプリ「日本将棋連盟モバイル」からどうぞ。

※「棋譜利用に関するお願い」に基づいて、局面図の利用許諾を申請中です。右玉NOWの申請状況はこちらで確認できます。

後手は角換わりからセカステ右玉に

本譜は角換わりからはじまり、現代角換わりの定番となった4八金・2九飛の形の同型に。
後手は玉が4二と5二を往復運動する手待ち。こちらも角換わりでよく見かける作戦。
このまま手待ちも考えられたが、先手が6筋に飛車を飛車を振ったタイミングで、後手も飛車を4筋へ。4筋の歩を突き捨てたあと、セカステ右玉へ変化する。
セカステ右玉にした時点でソフトの評価値は先手やや優勢。ソフトはあまり評価していないようだ。

好手▲4七角打で先手優勢へ

先手は57手目に▲4七角打を断行。これが右玉を咎める好手で有利がハッキリとした。
後手は飛車回りからの飛車浮きで7四の地点を受けるが、先手の藤井七段は、悪手なくポイントを上げていく。
後手は右玉を捨て左辺へ玉を大移動させるが、この時点ではすでに大差。
117手目の▲6一龍がまたも好手で後手投了となった。
先手陣は安泰で完勝といってもよいだろう。

というわけで、藤井七段の鉄壁の指し回しの前に敗れてしまったが、右玉NOWは今後も阿部八段を応援します!