王座戦一次予選で佐々木大地五段が7二金型右玉(羽生流右玉)を採用! 素晴らしき終盤の切れ味

プロの右玉

2020年9月28日に行われた王座戦一次予選で、後手番の佐々木大地五段が一手損角換わり7二金型右玉(羽生流右玉)を採用してくれたので紹介したい。

佐々木大地五段は、近年の活躍が顕著な若手強豪棋士。居飛車党で右玉の採用が多く、右玉党注目の棋士でもある(佐々木大地の右玉カテゴリ参照)。7二金型右玉の採用は恐らくはじめてだが、羽生九段相手に戦った経験はある。恐らく相当な研究が入っているだろう。

羽生マジックも!? 羽生善治九段の7二金型一手損角換わり右玉が炸裂!
前回までのあらすじ 王座戦挑戦者決定戦トーナメント、先手の羽生九段は右玉を採用し優勢に進めるものの、後手の佐々木大地五段がうまく対応して千日手に持ち込まれる。 そして、深夜22時03分から指し直し局、羽生九段は再び右玉を...

対する先手は片上大輔七段。東大卒の棋士として有名で、棋風はオールラウンダーだが、最近は振り飛車が中心。NHK杯ではプロ棋戦としては珍しく詰みまで指したことがある。

棋譜はスマホアプリ「日本将棋連盟モバイル」で観戦できるのでそちらでどうぞ。

王座戦における棋譜利用ガイドラインに従い、3局面に絞って紹介いたします。

第69期王座戦一次「ロ」ブロック予選1回戦
主催:日本経済新聞社、日本将棋連盟

後手番一手損換わり7二金型右玉 vs 早繰り銀

佐々木五段の作戦は後手番一手損換わり7二金型右玉。いわゆる羽生流右玉ともいえる作戦。
2019年に羽生九段が連採して連勝した作戦だが、「8八銀・6八玉型早繰り銀が強敵であるためか、出現数は減っている。

一手損角換わり右玉 vs 8八銀・6八玉型早繰り銀 右玉にするのは厳しい?
一手損角換わり7二金型右玉に対して早繰り銀で攻めるのは常套手段だが、8八銀・6八玉型で攻めてくる作戦はかなりやっかいだ。

本譜は速攻にはならず、後手は7二金型右玉に組むことに成功した。もし、先手が8八銀・6八玉型で対抗した場合は四間飛車にしていたかもしれない。

△6九角から優勢に

中盤、後手はやや手待ち模様。後手番なので千日手でも問題ない。
お互いに右桂を跳ね、先手の飛車が▲2四飛としたタイミングで、△6九角打。
この手が好手で形勢は後手有利に。

佐々木五段、素晴らしい終盤の切れ味

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉v金 ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀 ・v歩 ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ 馬 飛v歩|四
| ・ ・ ・v桂 ・ 銀 ・ ・ ・|五
| 歩v飛 歩 銀 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 玉 ・ 金 ・ 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・v角 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩五 
手数=66  △8六飛(81) まで

本譜のハイライトは、後手が桂馬を食いちぎったあとに△8六飛の強襲!

後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉v金 ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀 ・v歩 ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ 馬 飛v歩|四
| ・ ・ ・v桂 ・ 銀 ・ ・ ・|五
|v金 ・ 歩 銀 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| 玉 銀 ・ 金 ・ 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・v馬 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 歩五 
手数=72  △9六金(85) まで

▲同玉、△7八角成、▲8七銀、△8五金打、▲9七玉、△9六金! が好手。

後手の持駒:桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉v金 ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀 ・v歩 ・ ・ ・|三
| ・ 銀v歩v歩v歩 ・ 馬 飛v歩|四
|v歩v歩 ・v桂 ・ 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| 玉 ・ ・ 金 ・ 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・v馬 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 金 歩六 
手数=78  △8五歩打 まで

少し進んで上記の局面になり、寄せ形になってしまった。恐るべき終盤の切れ味。
以降、片上七段も罠を張りまくって迫るが、逃げ切り。佐々木五段の勝利となった。

佐々木五段が一手損換わりからの7二金型右玉にしたということは相当な研究があるはず。今後の採用にも期待したい。

というわけで、右玉NOWは今後も佐々木大地五段を応援します!

羽生善治九段も愛用! 7二金型右玉インデックス
羽生九段が連採し、高い勝率(2020年2月現在は全勝!)を上げている7二金型右玉。 右玉NOWでは何度か触れているが、7二金型右玉に興味を持った人のためにインデックス的なページを用意しておきたい。このページは随時更新予定だ。 ...
佐々木大地の右玉
佐々木大地五段 1995年長崎県生まれの棋士。 2015年奨励会三段リーグで2回目の次点を獲得し、フリークラスでのプロ入り。2017年に順位戦C級2組の条件を満たす。2018年には最多勝利を達成。 居飛車党で、右玉を指すことがもっとも多い棋士の1人。「セカステ右玉」など、独特な作戦を取ることも多く右玉党は動向に注目した...
タイトルとURLをコピーしました