中澤沙耶女流初段、先手セカステ右玉で攻め切り快勝!

セカステ右玉

2019年6月15日は、モバイル中継された対局のうち、3局が右玉という右玉党にとっては歴史的な日になった。
これで、人類は右玉を指す人間とそうでない人間の2種類に大別できるといっても過言ではないだろう。

今回は3局の右玉のうち、YAMADA女流チャレンジ杯で中澤沙耶女流初段が指した右玉を紹介したい。

中澤沙耶女流初段は、前年のYAMADA女流チャレンジ杯の優勝者。モバイル中継によると、右玉が得意とのこと。
対するのは堀彩乃女流2級。LPSA所属。女子アマ王位の優勝経験がある。

YAMADA女流チャレンジ杯は、女流二段以下の女流棋士とアマチュア選抜1名が参加できる若手向けの棋戦で、持ち時間は20分、切れたら30秒の早指し戦だ。

棋譜は以下からどうぞ
2019年6月15日 YAMADA女流チャレンジ杯 中澤沙耶女流初段 – 堀彩乃女流2級

先手、セカステ右玉から攻める

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v玉v金v銀 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=25  ▲4八玉  まで

先手の中澤女流はストレートに右玉へ。
個人的には3三銀を見てから右玉にすることが多いが、それほど問題ないのかもしれない。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=37  ▲4七金  まで

クラシックなセカステ右玉へ組み換え。
先日、阿部健治郎七段も採用していた形。

阿部健治郎七段が珍しい先手セカステ右玉を採用!
2019年6月11日に行われた王将戦一次予選 阿部健治郎七段 vs 西尾明七段戦で、先手の阿部七段が右玉を採用してくれた。 阿部健治郎七段といえば、序盤研究家として有名で、三浦九段との共著もある。 1月の竜王戦では、羽生九段に対して...
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=39  ▲6六銀  まで

さらに左銀も繰り出してく。先手番だけあって、右玉ではあるが攻撃的な作戦だ。

右玉、と金を作って優勢に

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ 銀 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=45  ▲7五歩  まで

右玉の仕掛けは桂頭を狙う7五歩。
ここで後手が6五歩としてきた場合は、5五銀左と天王山で銀をぶつけ、同銀、同銀、7五歩、6四銀で先手有利(以下変化図)。

変化図

後手の持駒:角 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・ ・ 銀 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 
後手番
手数=46  ▲6四銀  まで
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・ 歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ 銀v桂 ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ ・ 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=49  ▲7四歩  まで

本譜は、7五歩に対して、同歩、同銀、6五桂と跳ねて、7四歩打(上図)。
この局面は先手の作戦勝ちと言えそうだ。ソフト評価は400ちょい先手プラス。
右玉を指していると6五桂の筋は怖いことが多いが、セカステ右玉ならほとんど驚異ではない。

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ と ・v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・ 角v歩v銀v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ 銀v桂 ・ ・v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ ・ 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=53  ▲7四角  まで

後手の3五歩に対して、7三歩成、8一飛、7四角打と飛車をいじめつつ、角も設置して先手がはっきり優勢に。

端攻めを手抜いて攻める

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛 ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ と ・ ・v金v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・ 角 銀v銀v歩 ・ 歩 ・|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ 銀 歩 金 ・v歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
後手番
手数=63  ▲2四歩  まで

少し進んだ局面。後手からの端攻めを手抜いて、2四歩が好手。
端攻めも右玉に対して有効だが、この局面は左辺が広いので、脅威が緩和されている。

後手の持駒:歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛 ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ と ・v金v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v銀 ・ ・|三
|v歩v角 角 銀v銀v歩 ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ 銀 歩 金 ・v歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
手数=66  △8四角  まで

後手からは8四角打。
5七角成と6二のと金を狙った攻防手。しかし、6五銀と桂馬を食いちぎって先手の優位は崩れない。

歩の手筋で堅陣を崩壊させる

後手の持駒:銀 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛 ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・v角 ・v金v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v銀 ・ ・|三
|v歩 ・ ・ 銀 ・v歩 ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 角 ・ ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 金 ・v歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩三 
手数=70  6二角  まで

後手がと金を外した局面。ここから歩の手筋で敵陣を一気に崩壊させる。
2二歩打、同玉、2三歩打、同金、2五歩打、5四歩、2四歩、同銀、3四桂打(下図)。

後手の持駒:銀 歩七 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v角 ・v金 ・v玉 ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・|三
|v歩 ・ ・ 銀v歩v歩 桂v銀 ・|四
| ・ ・ ・ 角 ・ ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 金 ・v歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
後手番
手数=79  ▲3四桂  まで

流れるような攻めが決まった。

寄せも決まって右玉快勝!

後手の持駒:桂 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛v玉 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v銀v金 ・ 金 ・|二
| ・ ・ ・ 馬 ・ ・ ・ 歩 ・|三
|v歩v角 ・ ・ 全v歩 歩v銀 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|五
| 歩 ・ ・ ・v歩 歩 金 ・v歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩三 
手数=96  △5二銀  まで

最終盤。7四角の王手に6三歩打の犠打で角を呼び込み5二銀打とした局面。
自陣も次に5七角成があって怖いが、ここで寄せの好手がある。

後手の持駒:桂 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛v玉 銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v銀v金 ・ 金 ・|二
| ・ ・ ・ 馬 ・ ・ ・ 歩 ・|三
|v歩v角 ・ ・ 全v歩 歩v銀 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|五
| 歩 ・ ・ ・v歩 歩 金 ・v歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
後手番
手数=97  ▲3一銀  まで

3一銀打!
この手が詰めろ。6三銀と馬を外したら、4二銀成、同玉、4三金打で詰む。
本譜は5七角成、3八玉を入れてから、3二歩打としたが……。

後手の持駒:桂 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛v玉 銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v銀v金v歩 金 ・|二
| ・ ・ ・ 馬 ・ ・ ・ 歩 ・|三
|v歩 ・ ・ ・ 全v歩 歩v銀 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|五
| 歩 ・ ・ ・v歩 歩 金 ・v歩|六
| ・ 歩 ・ 歩v馬 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ 玉 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
手数=100  △3二歩  まで

7手詰みがある。

後手の持駒:銀 桂 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v銀v玉v歩 金 ・|二
| ・ ・ ・ ・ 馬 ・ ・ 歩 ・|三
|v歩 ・ ・ ・ 全v歩 歩v銀 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|五
| 歩 ・ ・ ・v歩 歩 金 ・v歩|六
| ・ 歩 ・ 歩v馬 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ 玉 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩三 
後手番
手数=103  ▲5三馬  まで

4二銀成、同玉、5三馬!
ここで後手は投了。

同銀は、4三金打、4一玉、3二金右まで。
以上、早指しながら悪手らしい悪手もなく、中澤女流初段の快勝となった。
これで中澤女流初段は同日に行われる準々決勝に進むことになり、そこでも右玉を披露することになるが、それは次回で。

中澤沙耶女流初段、同日の連続対局で右玉を連採!(7二金型右玉)
前回までのあらすじ。 2019年6月15日、YAMADA女流チャレンジ杯で、中澤沙耶女流初段が堀彩乃女流2級を右玉で快勝する。 そして、同時に行われた準々決勝で、再び右玉を採用してくれた。 対するのは、伊奈川愛菓女流初...

というわけで、右玉NOWは今後も中澤女流初段を応援します!