羽生九段、叡王戦予選でまたまた7二金型右玉を採用し、恐ろしい強さを見せつける

7二金型

2019年9月3日に行われた第5期叡王戦九段戦で、羽生善治九段が7二金型の右玉を採用してくれた。

一手損角換わり7二金型右玉は羽生九段の後手番エース戦法。これだけ採用するということは、相当な研究があるのだろう。ぜひ、棋書を出してほしいところだ。

なお、右玉NOWで解説済みの羽生九段の7二金型右玉は最後にまとめておくのでチェックしてほしい。

そんな羽生九段に対するのは屋敷伸之九段。
最年少タイトル記録を持ち、最近では「やしもん」の愛称でも人気だ。

というわけで、棋譜は以下からどうぞ
2019-09-03 第5期叡王戦 屋敷伸之九段 vs 羽生善治九段

以下から動画でも観られる
【将棋】第5期叡王戦 九段戦 羽生・屋敷・藤井
※タイムシフトはプレミアム会員のみ視聴可能

一手損角換わり vs 早繰り銀に

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・v馬 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=4  △8八角成(22) まで

羽生九段の作戦は一手損角換わり。右玉への期待が高まる。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 銀 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=21  ▲6八金(69) まで

先手は簡易的な囲いで、一手損を咎めるべく早繰り銀を見せる。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=28  △6二玉(51) まで

後手はやはり右玉へ。
羽生九段の7二金型右玉が再び見られることになった。
右玉党にとって歓喜の瞬間だ。

先手積極策に△5五角打の切り返し

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ 歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=29  ▲2四歩(25) まで

先手は▲2四歩!
右玉側としても当然警戒しなければならない。

後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩二 
手数=34  △5五角打 まで

△同歩、▲同銀、△同銀、▲同飛のあと、後手は△5五角!
対早繰り銀の筋ではあるが、このタイミングは珍しいかもしれない。

後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩 
手数=36  △8四歩(83) まで

先手は▲3七歩打。
対して右玉は△8四歩と伸ばす。
玉頭に迫る一手であるほか、将来的に▲9五角打が攻防の王手にならないことも大きそう。

先手、2三角打を決断する

後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩 ・ 角v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
後手番
手数=37  ▲2三角打 まで

先手は▲2三角打!
2筋を強引にこじ開ける手で、対右玉ではよく見かける。

後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩v角 角v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
手数=38  △3三角(55) まで

ここで△3三角と引いて飛車に当てるのが好手。

後手の持駒:角 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩v角 龍v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩 
後手番
手数=41  ▲2三成(28) まで

▲2八飛、△2三金、▲2三飛成。
単に△2三金としたときと違い、角の位置が違う。

後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩v角 龍v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v角|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩 
手数=42  △1四角打 まで

ここで△1四角打が用意の切り返し。龍で王手をかけることができない。
この△1四角打は対早繰り銀でよく出てくる筋だ。

流行中! 早繰り銀に対する右玉の対策
早繰り銀が流行中である。 速攻で銀を繰り出され、角切りからあっという間に龍を作られて敗勢になってしまった、という人も多いだろう。 具体的にはこんな局面だ。 後手の持駒:角 9 8 7 6 5 4 3 2 1...

ソフトが読んでいた猛攻

後手の持駒:銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩v角 ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩v馬 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 金 ・ ・ 龍 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩 
後手番
手数=45  ▲5八金(49) まで

▲2八龍に△4七角成として、▲5八金と馬に当てた局面。
ここでソフトは思い切った手を読んでいた。

変化図1

後手の持駒:金 銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩v角 ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金v馬 ・ ・ 龍 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩 
手数=46  △5八馬(47) まで

△5八馬!
いきなりの角切り。
ソフトの読み筋は、▲5八金、△8五桂、▲8六銀打、△7七桂成、▲同銀、△7五歩、▲6六歩、△7六歩、▲同銀、△7七歩打、▲同桂、△7五歩打、▲6七銀、△7六銀打(以下変化図2)

変化図2

後手の持駒:金 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・ ・v銀v歩v歩v角 ・v歩|三
| ・v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・v銀 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 銀 歩 ・ 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 龍 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 桂 歩三 
手数=14  △7六銀打 まで

この局面はやや右玉よりの互角だ。はっきり優勢というわけではないが、成立はしているだろう。

後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩v角 ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v馬|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩 龍 歩|七
| ・ ・ 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩二 
手数=48  △1四馬(47) まで

本譜は△2七歩打、▲同龍をいれたあとに△1四馬。
この局面は互角だが、わずかに先手がよさそうだ。

先手、一瞬の逆転

後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩v角 ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ 銀 ・v馬|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩 龍 歩|七
| ・ ・ 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩二 
後手番
手数=49  ▲3四銀打 まで

▲3四銀打は好手。3三の角がいなければ待望の▲2二龍が入る。

後手の持駒:銀二 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ 銀 ・v馬|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩v馬 歩 歩 ・ 歩 龍 歩|七
| ・ ・ 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩二 
手数=50  △7七角成(33) まで

後手は△7七角成!

後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ 銀 ・v馬|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 玉 歩 歩 ・ 歩 龍 歩|七
| ・ ・ ・ 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂v銀 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 歩二 
手数=52  △7九銀打 まで

同玉に△7九銀打!
後手としてもギリギリの攻めだ。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v歩 龍 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ 銀 ・v馬|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|七
| ・v銀 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂v銀 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 歩二 
手数=56  △8八銀打 まで

▲2二龍、△3二歩打、▲7八玉に△8八銀打とつなぐ。
この局面は先手有利ではっきり逆転したといってよいだろう。
感想戦でも出ていたが、ここで▲6九金! という手があるようだ。

変化図

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v歩 龍 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ 銀 ・v馬|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|七
| ・v銀 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂v銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 歩二 
後手番
手数=57  ▲6九金(68) まで

△5八馬が怖すぎるがこれで耐えているらしい。先手がうまく指せば、後手の攻めは切れそう。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v歩 龍 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ 銀 ・v馬|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・v銀 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂v銀 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 歩 
後手番
手数=57  ▲4七歩打 まで

本譜は馬切りを防ぐ▲4七歩打。自然に見えて緩手だったようだ。

右玉、切り札の桂跳ね

後手の持駒:金 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v歩 龍 ・|二
|v歩 ・ ・v銀v歩 全 ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v馬|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 銀 歩二 
手数=62  △6五桂(73) まで

少し進み、▲4三銀成に対して、△6五桂!
この手は7三の逃げ道を作りつつ、攻めにも使える一石二鳥の手で、右玉党にとっては気持ちが良いい瞬間だ。

飛車を取って後手はっきり優勢に

後手の持駒:金 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v歩 龍 ・|二
|v歩 ・ ・v銀v歩 全 ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v馬|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩二 
後手番
手数=63  ▲3五角打 まで

対する先手は▲3五角打。
攻防に利いているが、結果的にこの手が敗着になったようだ。
変えて▲6六歩と桂を外しに行ったほうがよかったかもしれない。

後手の持駒:金 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金 ・ ・ ・v歩 龍 ・|二
|v歩 ・v玉v銀 全 ・ ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v馬|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 角 銀 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・v歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩三 
後手番
手数=67  ▲2五銀打 まで

△4六歩打、▲5三成銀、△7三玉に▲2五銀打。

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金 ・ ・ ・v歩 龍v金|二
|v歩 ・v玉v銀 全 ・ ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v馬|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 角 銀 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 金 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩四 
手数=70  △1二金打 まで

△4七歩成、▲同金に△1二金打!
先手陣は飛車打ちに弱い。
この金は最終的に寄せにも活躍してくれる。恐るべき羽生九段。

後手の持駒:飛 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金 ・ ・ ・v歩v金 ・|二
|v歩 ・v玉v銀 全 ・ ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ 銀|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 金 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 歩四 
手数=72  △2二金(12) まで

▲1四銀に△2二金で龍を取り、後手がはっきり優勢に。

先手、油断のならない2枚角

後手の持駒:飛 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金 ・ ・ ・v歩v金 ・|二
|v歩 ・v玉v銀 全 ・ ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ 銀|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 角 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 金 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩四 
後手番
手数=73  ▲3六角打 まで

先手は▲3六角打。この手に期待を込める。
油断のならない手で、トン死筋が多くある。

後手の持駒:飛 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金 ・ ・ ・v歩v金 ・|二
|v歩 ・v玉v銀 全 ・ ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ 銀|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 角 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 金 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩四 
手数=74  △5四歩打 まで

後手はしっかりと△5四歩打。大事な一手だ。

後手の持駒:飛 銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・v歩v金 ・|二
|v歩 ・v玉v金 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ 銀|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 角 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 金 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩四 
後手番
手数=77  ▲5二銀打 まで

▲6三成銀、△同金に▲5二銀打。後手にも攻めが刺さってきた。

後手の持駒:銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・v歩v金 ・|二
|v歩 ・v玉v金 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ 銀|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 角 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 金 歩 ・ 歩|七
| ・v飛 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩四 
手数=78  △8八飛打 まで

ここで後手は△8八飛打!
△2八飛打の方が好防に利いているように見えるが、この手は好手。

後手の持駒:銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・v歩v金 ・|二
|v歩 ・v玉v金 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ 銀|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 角 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 金 歩 ・ 歩|七
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ 玉 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩四 
後手番
手数=79  ▲5九玉(68) まで

先手は▲5九玉。ギリギリの受けだ。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・v歩v金 ・|二
|v歩 ・v玉v金 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ 銀|四
| ・ ・ ・v桂v桂 ・ 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 角 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 金 歩 ・ 歩|七
| ・v飛 ・ ・v銀 玉 ・ ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩四 
手数=82  △5五桂打 まで

△5八銀打、▲4八玉に△5五桂打!
変えて△4七銀成とかしてしまうと上部が開いていて逆転してしまう。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v金 ・|二
|v歩 ・v玉 全 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ 銀|四
| ・ ・ ・v桂v桂 ・ 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 角 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 金 歩 ・ 歩|七
| ・v飛 ・ ・v銀 玉 ・ ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金二 歩四 
後手番
手数=83  ▲6三銀成(52) まで

先手は▲6三銀成。普通に見えるが恐ろしい一手。
取ると▲5四角から詰んでしまう!

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v金 ・|二
|v歩v玉 ・ 全 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ 銀|四
| ・ ・ ・v桂v桂 ・ 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 角 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 金 歩 ・ 歩|七
| ・v飛 ・ ・v銀 玉 ・ ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金二 歩四 
手数=84  △8三玉(73) まで

というわけで、△8三玉と交わす。これで詰みはないが、銀を与えると詰んでしまうので寄せには注意が必要だ。

羽生九段、秒読みでも正確に寄せる

後手の持駒:金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v金 ・|二
|v歩v玉 ・ 全 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ 銀|四
| ・ ・ ・v桂v桂 ・ 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 角 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩v銀 歩 ・ 歩|七
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金二 歩四 
手数=86  △4七銀(58) まで

▲3八玉の早逃げに対して、△4七銀歩成の開き王手。

後手の持駒:金 銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v金 ・|二
|v歩v玉 ・ 全 ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・v桂v桂 ・ 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 角 玉 ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩v銀 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v龍 ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金二 歩四 
手数=90  △1四歩(13) まで

▲2七玉、△3八飛成、▲2六玉に△1四歩! この手が詰めろ。

後手の持駒:金 銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ 馬 ・ ・v歩v金 ・|二
|v歩v玉 ・ 全 ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・v桂v桂 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 角 玉 ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩v銀 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v龍 ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金二 歩四 
後手番
手数=91  ▲6二角成(35) まで

▲6二角成としたが形作りか。先手玉には詰みがある。

後手の持駒:角 金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ 馬 ・ ・v歩v金 ・|二
|v歩v玉 ・ 全 ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・v桂v桂 ・ ・v銀 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 玉 ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v龍 ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金二 銀 歩四 
手数=94  △2五銀打 まで

△3六銀成、▲同歩に△2五銀打!
この銀捨てが好手。

後手の持駒:角 金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ 馬 ・ ・v歩v金 ・|二
|v歩v玉 ・ 全 ・ ・v桂 ・ ・|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・v桂v桂 ・ ・ 玉 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v龍 ・ ・|八
| 香v全 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金二 銀二 歩四 
手数=97  ▲投了 まで

▲同玉に△3三桂。ここで先手の屋敷九段は投了した。
以下、▲3四玉は△2五角打から、▲3五玉は△4五金打から詰む。
最後に2二金が利いている。

というわけで、一時は先手有利の場面もあったが右玉の逆転勝ち。羽生九段の一手損角換わり7二金型右玉の強さが際立っており、今後も出現することだろう。

右玉NOWは羽生九段を応援しています!

#羽生九段の7二金型右玉は以下もどうぞ!

羽生九段、またしても一手損角換わり7二金型右玉を採用! 難解な終盤を制す
羽生善治九段のここ最近の得意戦法といえば、一手損角換わり7二金型右玉。 そして、2019年8月29日の王将戦二次予選対近藤誠也六段戦。千日手指し直しとなった対局で、再び7二金型右玉を採用してくれた。 この対局は一手損角換わりから、手...
羽生マジックも!? 羽生善治九段の7二金型一手損角換わり右玉が炸裂!
前回までのあらすじ 王座戦挑戦者決定戦トーナメント、先手の羽生九段は右玉を採用し優勢に進めるものの、後手の佐々木大地五段がうまく対応して千日手に持ち込まれる。 そして、深夜22時03分から指し直し局、羽生九段は再び右玉を...
羽生善治九段が一手損角換わり右玉で勝利!
2019年5月20日に行われた王座戦挑戦者決定トーナメントで、後手の羽生善治九段が右玉を採用してくれた。 羽生九段は言わずとしれた棋界のスーパースター。オールラウンダーの棋風もあって、過去に右玉を採用したことも当然ある。 対するのは...