2020年8月現在最強将棋ソフト「水匠2」を導入する

ソフト紹介と導入方法

2020年5月3~4日に開催された世界コンピュータ将棋オンライン大会で優勝した「水匠2(すいしょうつー)」が作者のたややんさんによって公開されました。

実力はもちろん、導入も比較的簡単ですので、現時点(2020年8月現在)でもっともおすすめの将棋ソフトです。無料で配布されているので料金もかかりません!(ありがとうございます)

水匠のバージョンは水匠→水匠改→水匠改2→水匠2の順になっており、本ページで紹介している水匠2が最新です。後継に水匠2改というバージョンもありますが、現時点(2020/8/28)では公開はされていません。

というわけで、水匠2の導入手順を解説します。

水匠2をダウンロードして導入する

まずは、水匠2をダウンロードする。


OneDriveのダウンロード用ページをブラウザで開き、「水匠2(200504).zip」をクリックしてダウンロードする。
※7/2リンク修正しました。


ダウンロードした「水匠2(200504).zip」を解凍する。Windows標準機能で解凍が可能だし、解凍ソフトを使ってもよい。


解凍すると「水匠2」というフォルダができるので、任意の場所に保存しておこう。今回はCドライブの下に「engine」というフォルダを作成し、その中に「水匠2」フォルダをコピーした。もちろん、どのフォルダにコピーしても問題ない。
「水匠2」フォルダの中身は上の画面写真のようになっている。

ShogiGUIに水匠2を登録する


ShogiGUIを起動し、メニューから「ツール」→「エンジン設定」を選択する。
※ShogiGUIをインストールしていない場合は、以下のエントリを参考にして導入してほしい。

将棋ソフト「ShogiGUI」をインストールする
ShogiGUIの詳細なインストール手順を解説


「追加」ボタンをクリックする。


「水匠2」フォルダ内にある「YaneuraOu_NNUE_m-avx2.exe」を選択する。


「OK」をクリックする。エンジン名をわかりやすく「水匠2」などに変更してもよい。


再度「OK」をクリックすれば、水匠2のShogiGUIへの登録は完了だ。

水匠2で局面を検討する


検討したい局面で、「検討」をクリックする。


エンジン設定で「Suisho2/YO4.89_NNUE_m」を選択し、思考時間等を設定して「検討開始」を選ぶ。


検討がはじまる。対局や棋譜解析でもエンジンを「Suisho2/YO4.89_NNUE_m」にすればOKだ。

以上、水匠2の導入方法でした。以下は補足。

古いパソコンでうまく動かない場合

水匠2に同梱されている探索部はAVX2に対応しているCPUではないと動作しない。AVX2対応は2013年のCPUからなので、2013年以前に発売された古いパソコンには対応していないのだ。この場合は別途探索部を用意する必要がある。


まずはこちらからやねうら王のGitHubページを開き「windows.zip」をダウンロードする。


「windows.zip」を解凍すると、「windows」→「NNUE」フォルダに探索部のファイルがたくさん入っているので、この中から「YaneuraOu_NNUE-normal-clang++-sse2.exe」を選択して右クリックして「コピー」を選び、コピーする。


「YaneuraOu_NNUE-normal-clang++-sse2.exe」を水匠2のフォルダ内に保存する(フォルダ内で右クリックして「貼り付け」)。


ShogiGUIのメニュー「ツール」→「エンジン設定」から「追加」を押して、「YaneuraOu_NNUE-normal-clang++-sse2.exe」を選択する。
以上で古いパソコンでも水匠2が利用できるようになる。

「初期化エラー」が出る場合

上の画面写真のような「初期化エラー」が出る場合、まずはフォルダ名・ファイル名を確認したい。ファイル名が1文字でも間違っていると動作しない可能性がある。メモリ不足の可能性もあるので、再起動して試してみよう。。

  • 「YaneuraOu_NNUE_m-avx2.exe」と同じフォルダ内に「eval」フォルダがあるか。名前は正しいか(標準のままならevalになっています)。
  • エンジンの設定は「Suisho2/YO4.89_NNUE_m」になっているかどうか。
  • メモリは足りているか。パソコンの再起動を試してほしい。

YouTube解説動画

動画で手順を確認したい場合は以下の動画をどうぞ。

最後になりますが、世界コンピュータ将棋オンライン大会優勝おめでとうございます!

タイトルとURLをコピーしました