プロの右玉

羽生善治九段が久々の右玉! 薄すぎる陣形を玉の移動で凌ぎ切る(局面図なし簡易紹介)

2021年10月5日に行われたALSOK杯王将戦 挑決リーグにて、後手番の羽生善治九段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 羽生善治九段は、言わずとしれた国民的なスーパースター。あらゆる戦型を指しこなすオールラウンダーで、右玉党には...
プロの右玉

王位戦で片上大輔七段が右玉を採用! 猛攻をしのぎ右玉勝ちパターンから華麗に寄せる(局面図なし簡易紹介)

2021年10月2日に行われた「お~いお茶杯第63期王位戦予選」で、後手番の片上大輔七段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 片上大輔七段は東京大学在学中にプロ入り。居飛車も振り飛車も指すオールラウンダーだが、右玉の採用は珍しいかも...
プロの右玉

佐々木勇気七段、叡王戦予選で変則的な7二金型右玉を採用! 一瞬のチャンスを逃さず鋭い切れ味を見せる(局面図あり)

2021年9月22日に行われた叡王戦予選で、後手番の佐々木勇気七段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 佐々木勇気七段はスイスのジュネーヴ生まれの27歳。中学生棋士は逃したものの16歳でプロ入りした俊英。居飛車党で角換わりを得意とす...
2021.09.28
プロの右玉

石井健太郎六段、順位戦で先手右玉を採用して勝利!(局面図なし簡易紹介)

2021年9月21日に行われた順位戦C級1組の対局で、先手の石井健太郎六段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 石井健太郎六段はデビューから高い勝率を維持する若手のホープ。かつては四間飛車も指していたが、現在は居飛車党。王位戦予選ト...
コラム

「棋譜利用に関するお願い」から2年。現状はどうなっているのか?(9/27追記あり)

2019年9月13日、日本将棋連盟が「棋譜利用に関するお願い」という記事を公式ホームページ上にアップした。 <棋譜利用に関するお願い>  公益社団法人日本将棋連盟と各社が主催する棋戦で作られる棋譜は両者の共通の財産であり、棋譜の無断...
2021.09.27
将棋ソフト

【2021年10月版】将棋用ソフト用パソコンの選び方

掲示板にも質問があったので、将棋ソフトのためのパソコンの選び方を考えてみたい。 いきなり結論にはなるが、ほとんどの将棋ファンにとっては、一般的なノートパソコン程度のスペックで十分だと思う。 それでもトップ棋士よりも遥かに強いし、...
2021.10.21
プロの右玉

NHK杯将棋トーナメントで丸山忠久九段が羽生流右玉!(棋譜利用許諾済み)

2021年9月6日に放送されたNHK杯将棋トーナメント(いつもとは違う深夜放送)にて、後手番の丸山忠久九段が羽生流右玉(一手損角換わり7二金型右玉)を採用してくれたので紹介したい。 丸山忠久九段は名人位の経験もある羽生世代の強豪。一手...
2021.09.07
プロの右玉

第4回ABEMAトーナメントで木村一基九段が右玉! 穴熊 vs 右玉の戦いに

2021年8月8日に生放送された第4回ABEMAトーナメントで、チーム木村「エンジェル」の木村一基九段が後手右玉を採用してくれたので紹介したい。 木村一基九段といえば、親しみのあるキャラクターで棋界屈指の人気の一流棋士。「...
プロの右玉

竜王戦6組昇級者決定戦で渡辺和史四段が右玉!(局面図なし簡易紹介)

2021年8月27日に行われた竜王戦6組昇級者決定戦で後手番の渡辺和史四段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 渡辺和史四段はプロ入りが24歳とやや遅咲きながら三段リーグ勝利最多タイ記録でプロ入りを果たしている。純粋な居飛車党で主要...
右玉の基本・勉強

右玉次の一手 対嬉野流から8筋を突破された形の盤上この一手

対嬉野流の対局から。右玉側が後手ですが、先後反転してありますので先手として見てください。 局面は嬉野流側が端攻めを絡めて8筋を突破したところ。 後手の持駒:角 歩二 9 8 7 6 5 4 3 2 1 +-------...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました