プロの右玉

棋王戦挑決トーナメントにて丸山忠久九段が一手損角換わり7二金型右玉(羽生流右玉)を採用!(局面図なし簡易紹介)

2020年10月19日に行われた棋王戦挑決トーナメントにて、後手番の丸山忠久九段が一手損角換わり7二金型右玉(いわゆる羽生流右玉)を採用してくれたので紹介したい。 丸山忠久九段は羽生世代の強豪にして元名人。一手損角換わりを得意としてお...
プロの右玉

棋聖戦二次予選で大石直嗣七段が先手右玉を採用! 最後にドラマが (局面図なし簡易紹介)

2020年10月13日に行なわれたヒューリック棋聖戦二次予選にて、先手の大石直嗣七段が先手右玉を採用してくれたので紹介したい。 大石直嗣七段は居飛車党ながら振り飛車を指すこともある30代中堅棋士。順位戦はB級2組、竜王戦は3組と実力は...
右玉の基本・勉強

右玉次の一手 角交換なしの斜め棒銀で8筋を突破されそうな場合の対策

今回はアマチュアの将棋から、角換わりなしの右玉 vs 斜め棒銀。 右玉が後手だが、見やすいように局面は先後反転済み。以後、符号も反転させた状態で紹介したい。 テーマ図 後手の持駒:歩二 9 8 7 6 5 4 3 ...
プロの右玉

順位戦でセカステ右玉が2局! 山崎隆之八段と屋敷伸之九段がそれぞれ採用(局面図なし簡易紹介)

2020年10月8日に行われた順位戦B級1組の対局でセカステ右玉が2局登場したので紹介したい。 順位戦B級1組 深浦康市九段 vs 山崎隆之八段戦と 近藤誠也七段 vs 屋敷伸之九段戦である。 棋譜は名人戦棋譜速報(有料...
右玉の基本・勉強

右玉次の一手 見逃しやすい終盤の好手

今回の右玉次の一手はアマ高段の対局から。 先手は攻めるか、受けに回るか迷うところだが、目のさめるような一手があった。 アマ高段も見逃していた好手とは? 問題図 後手の持駒:角 銀 歩 9 8 7 6 5 4 3 2 ...
右玉の基本・勉強

右玉次の一手 7二金型右玉(羽生流右玉) vs 早繰り銀からの銀打ち対策

今回の次の一手は7二金型右玉(羽生流右玉) vs 早繰り銀。 アマチュア高段の実戦から。 本来は右玉側が後手だが、見やすいように先後は反転してあるので、3二金型となる。 問題図 後手の持駒:角 9 8 7 6...
プロの右玉

王座戦一次予選で佐々木大地五段が7二金型右玉(羽生流右玉)を採用! 素晴らしき終盤の切れ味

2020年9月28日に行われた王座戦一次予選で、後手番の佐々木大地五段が一手損角換わり7二金型右玉(羽生流右玉)を採用してくれたので紹介したい。 佐々木大地五段は、近年の活躍が顕著な若手強豪棋士。居飛車党で右玉の採用が多く、右玉党注目...
右玉の基本・勉強

右玉次の一手 早繰り銀 vs 7二金型右玉で優位に進める手順を探す

今回の次の一手はアマ高段同士の対局から。 戦型は7二金型右玉 vs 早繰り銀。7二金型右玉は羽生流右玉とも呼ばれる作戦。 先後を反転しているので、図面上では3二金型右玉ということになる。 問題図 後手の持駒:角 ...
右玉の基本・勉強

右玉次の一手 角換わり右玉で相手の緩手を逃さない

今回はアマ高段の対局から次の一手。 出現しやすい局面で、難易度も高くないので解いてみてほしい。 後手が右玉だが、反転してあるので、先手右玉としてみよう。 問題図 後手の持駒:歩 9 8 7 6 5 4 3 2...
プロの右玉

王位戦予選で中村修九段が先手右玉!(局面図なし簡易紹介)

2020年9月23日に行われた王位戦予選で、先手の中村修九段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 中村修九段はタイトル獲得二期を誇るベテラン棋士。オールラウンダーで受けに強く、右玉の採用も多い。今年9月に行われた順位戦でも先手右玉を...
2020.10.09
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました