プロの右玉

中村修九段、後手角換わり右玉を採用! 3三金の形で無理攻めを誘い、受け切り完勝!

2019年9月27日に行われた朝日杯将棋オープン戦で、後手の中村修九段が変則的な右玉で勝利したので紹介したい。 中村修はタイトル二期のベテラン棋士。「受ける青春」の異名もあるが、本局は受け切り勝利となった。 対するのは阿部健治郎七段。居飛車党の攻め気風。
7二金型

【局面図あり】増田康宏六段、7二金型右玉を採用! 持久戦から中住まいに変化しリードを広げて快勝

※主催者のしんぶん赤旗様から一部局面図についての使用許可をいただきましたので再編集して公開します。詳細は最後にて。 2019年9月24日に行われた新人王戦で増田康宏六段が話題の7二金型右玉を採用してくれたので紹介したい。 増田六...
2019.09.28
7二金型

7二金型右玉 vs 早繰り銀5六角打の戦い その1(先手5二金型)

今回のテーマは7二金型右玉と早繰り銀5六角打の戦い。 テーマ図は以下の通り。2筋と7筋の桂頭を狙う▲5六角打。 この局面をソフトに深く読ませてみると、完全な互角。 右玉側の手は非常に広い。 候補手としては、△1四歩、△5一飛、△5四歩、△8四歩、△3一飛など。基本的に相手に手を渡す感じだ。
7二金型

7二金型右玉で早繰り銀側が銀交換を避けて3四歩と叩いてきた場合の対応(その4)

今回は7二金型右玉 vs 早繰り銀で▲3四歩を叩いてきた局面で、△4四銀と出た場合の最終回。 7二金型右玉全体に知りたい場合は、インデックスページを参考にしてほしい。 上の局面が▲3四歩打、△4四銀のテーマ図だが、ここで▲4六銀と引いた場合の手を考えてみよう。 具体的には以下の局面だ。
7二金型

7二金型右玉で早繰り銀側が銀交換を避けて3四歩と叩いてきた場合の対応(その3実戦例)

今回は前回の動画に対する実戦例を2つ紹介したい。 先に上記エントリを読んでおこう。 後手の持駒:角 歩 9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v...
7二金型

7二金型右玉で早繰り銀側が銀交換を避けて3四歩と叩いてきた場合の対応(その2)

前回に引き続き、ソフトが指した早繰り銀 vs 後手7二金型右玉の対局から、先手が3四歩打とした場合の対処方法を紹介したい。 テーマ図は以下の通り。ここから△4四銀と出るのが前回紹介した対策だが、ここで先手が▲同銀とするのは非常に有力だ。そ...
プロの右玉

稲葉陽八段、角交換なし右玉を採用! 決断の馬切りから勝利を手繰り寄せる

2019年9月20日に行われた棋王戦挑戦者決定トーナメントで、後手の稲葉陽八段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 稲葉八段が勝ち進む【#棋王戦 挑戦者決定トーナメント】○稲葉陽八段 VS ●高見泰地七段第45期棋王戦挑戦者決定トー...
7二金型

羽生善治九段も愛用! 7二金型右玉インデックス

羽生九段が連採し、高い勝率(2019年9月現在は全勝!)を上げている7二金型右玉。 右玉NOWでは何度か触れているが、7二金型右玉に興味を持った人のためにインデックス的なページを用意しておきたい。このページは随時更新予定だ。 ...
2019.10.02
7二金型

羽生善治九段、今期5度目の一手損角換わり7二金型右玉を採用し、またも快勝!

2019年9月19日に行われた第45期棋王戦挑戦者決定トーナメントにて、後手の羽生善治九段が、一手損角換わり7二金型右玉を採用し快勝した。 羽生九段が勝ち進む【#棋王戦 挑戦者決定トーナメント】○羽生善治九段 VS ●深浦康市九段第4...
2019.09.21
棋書紹介

右玉のランキングは? 「将棋戦法事典100+」は気軽に読める将棋戦法ムック

右玉のランキングは? 「将棋戦法事典100+」は気軽に読める将棋戦法ムック 気になっていた「将棋戦法事典100+」のKindle版が出ていたので購入してみた。 本書の概要を紹介すると古今東西の将棋の戦法(囲い含む)を...
スポンサーリンク