伝説から最先端まで! 右玉の本をレビュー

右玉の本

長い将棋の歴史の中、わずかであるが右玉の本は出版されている。
右玉党であるミギーは、当然のごとく、ほとんどの本を所有済み(さすが!)。

これから右玉をはじめるならば、右玉の本を何冊かは手元に置いておきたいところだ。
そこで、右玉の本について、どのような内容を扱っているのか、簡単に紹介していこう。
(詳細なレビューはいつか書きます! たぶん!)

変幻自在! 現代右玉のすべて

新進気鋭の棋士・青嶋五段による右玉本。2018年5月出版ともっとも新しく、これから購入するなら、この一冊といえるだろう。
扱うのは、角交換型風車右玉、風車右玉、角交換型矢倉右玉、矢倉右玉の4つ。対振り飛車の紹介はない。
右玉は後手番の作戦、という考えのためか、すべて右玉側が後手番。上下反転していないため、初心者には若干読みにくいかもしれない。人によっては、本を逆さにして見るなど工夫は必要になる。

これから右玉を指すなら必読! 青嶋未来著「現代右玉のすべて」レビュー
今回は右玉の棋書から「現代右玉のすべて」を紹介したい。 現時点で最新の右玉本(2018年5月18日発売)であり、これから右玉を指したい人には最適な一冊となる。 著者は若手強豪の青嶋未来五段。プロ棋戦でも右玉を採用している...

とっておきの右玉

アマ超強豪にして、安食女流の旦那様としても有名な細川氏(あじ夫)の右玉本。アマチュアではあるが、右玉のスペシャリストである細川氏だけに、レベルは高い。
「現代右玉のすべて」とは違い、基本的に先手番右玉のみを扱っており、後手番は千日手になるかどうか、ということだけ触れられている。
戦型はすべて角換わりで、対居飛車の6七銀型(風車)、対振り飛車の6七銀型(左玉)、7七銀型の3つについて、深く考察されている。ほとんどいないとは思うが、角交換型の右玉は一切指さないという人は、購入しても意味がない。

細川大市郎氏著「とっておきの右玉」レビュー
右玉の棋書の中から、今回は「とっておきの右玉」を局面図とともに紹介したい。 著者はアマ強豪の細川大市郎氏。奥様は安食女流のため、ネット上では「あじ夫」といわれることも。 将棋ウォーズでは「whitealbum」というニックネ...

相振り飛車で左玉戦法 居飛車で右玉戦法

ベテランの小林健二九段による右玉本。タイトルの通り、対振り飛車の左玉、対居飛車の右玉、さらには対振り飛車の右玉が紹介されている。内容はすべて先手側の視点になる。
左玉は角交換をしないタイプ。自分は指さない戦型なので間違っているかもしれないが、狭い局面を深く掘り下げている感じ。対居飛車の右玉は角交換、角不交換に加え、陽動振り飛車にする作戦も紹介されている。角交換右玉はアマチュアの実践でよくある局面が多いので、実用的だ。
最後の対振り飛車右玉は向かい飛車、三間飛車、中飛車対する作戦を紹介。名前こそ出てこないが、糸谷流右玉の形。9筋から角を覗く、糸谷流らしい攻め筋も解説されている。

南の右玉

55年組の強豪・南芳一九段の右玉本。内容は、右玉対矢倉模様、袖飛車、振り飛車、その他の急戦。「現代右玉のすべて」同様、後手番の戦法という割り切りがあり、図面は後手番の動きを見ていくことになる。内容は、一章に関しては、南九段の右玉実戦例を詳しく紹介した感じ。バリエーションは多くないが、右玉の流れはわかりやすいかもしれない。二章以降は右玉ではない(笑) つまり半分以上は右玉ではないので注意したい。

棋界に伝わる二つの秘法 雁木・右玉伝説

右玉を扱った棋書は、しばらくの間「右玉伝説」しかなったが、古本でしか流通せず、高値で取引されていた。そんな、「右玉伝説」と雁木を扱った「雁木伝説」をまとめて復活させたのが、本書である。ちなみにミギーは「右玉伝説」しか持っていない。
内容は、風車右玉、矢倉右玉、右玉七変化、右玉実戦例。基本的には角不交換の実戦的な多くの局面を扱っている。とくに、手詰まりになりそうな局面での打開方法は参考になるだろう。
なお、著者は不明。あとがきはアマ強豪でもある古作登氏なので、氏が書いたのだろうか。

伝説の右玉指南書「右玉伝説」のレビュー
今回は右玉本レビューのシリーズとして、伝説の右玉本「右玉伝説」を取り上げたい。 右玉伝説は、1991年に発行された「秘宝巻之四 右玉伝説」を加筆し、2003年に文庫版として販売したもの。 長らく品切れ状態が続いて一時はプレミア化していた...